【1年に1回】ケルヒャースチームクリーナーsc2のカルキ抜きをしてみよう

ケルヒャー製品

ケルヒャースチームクリーナーって使った後の手入れがめんどくさい気がするけど。お水を捨てるだけでいいのかね。

通常はお水を捨てるだけでかまいませんが、1年に1回はカルキ抜きをしましょう。
この記事を読んで分かること
★ケルヒャースチームクリーナーsc2のカルキ抜きの手順
★ケルヒャースチームクリーナーsc2の機能
★営業マンから聞いた話をチョットだけ

【1年に1回】ケルヒャースチームクリーナーsc2のカルキ抜きの手順

 洗剤を使わずスチームの力で汚れを浮かして落とす

ケルヒャースチームクリーナーsc2。

毎日使う掃除機とちがい、スチームクリーナーは休みの日にまとめて掃除するという方が多いことでしょう。

普段は水を抜いておくだけでかまいませんが、1年に1回くらいはカルキ抜きをしたお手入れをしましょう。

ケルヒャースチームクリーナーsc2のカルキ抜きをする理由

1回、2回くらいでは問題ありませんが、スチームクリーナーの使用回数が増えてくるとボイラーの中にカルキが付着してきます。

カルキがたまると加熱に時間がかかったり、故障の原因となります。

ケルヒャースチームクリーナーsc2のカルキ抜きをしなかったらどうなる?

ケルヒャースチームクリーナーsc2の場合、ヒートアップ時間が6分です。

カルキがたまるとヒートアップ時間が長くなり、いずれ故障してしまう可能性があります。

カルキ除去パウダーを使用

カルキ除去パウダーを使って取り除きます。

ケルヒャースチームクリーナーsc2は購入すると3包分ついてきます。

DSC_0241.JPG

 

DSC_0220.JPG

箱の裏側に使い方が書いています。

カルキ抜きの方法

1.電源を切って電源プラグをコンセントから抜き、本体が冷めるまで待ちます。

安全バルブを取り外し、ボイラー内に残っている水を捨てます。

2.ボイラー洗浄剤パウダータイプ1包に対し500mLの水、あるいはぬるま湯(60℃以下)で溶かした液をボイラーに注ぎます。

DSC_0235.JPG

3.安全バルブを外した状態で約8時間放置します。

4.ボイラー内の水を捨て、きれいな水で3回以上すすいでから保管してください。

DSC_0239.JPG

ケルヒャースチームクリーナーsc2の機能

ここではケルヒャースチームクリーナーsc2の機能を紹介します。

電源
100V
消費電力1,500W
スチーム吐出圧力0.32MPa
安全弁作動圧力0.6MPa±0.05MPa
ボイラー加熱温度約143℃
ボイラータンク容量1.0L
ヒートアップタイム約6分
本体寸法380×254×260㎜
本体質量2.9Kg
電源コードの長さ4m
防水性能IPX4
<使用の目安>
清掃面積75㎡
スチーム連続噴射時間約30分
定格使用時間1時間
<交換時期>
安全バルブ用Oリング約200時間

【ココだけの話】営業の方に話を聞いてみました

あまのっち
あまのっち
カルキ除去パウダーって最初は3包ついてくるけど
後は自分で買うのよね。いちいち取り寄せしなきゃダメなんてめんどくさい。他のもので代用できますか?

ポットを洗浄する商品で代用できますよ。

ポットを洗浄する商品ならホームセンター、ドラッグストアなどですぐに購入できるので、助かります。

【1年に1回】ケルヒャースチームクリーナーsc2のカルキ抜きの手順・まとめ

スチームの力で汚れを浮かして落とすケルヒャースチームクリーナーSC2。

カルキ抜きは1年に1回でいいとはいえ、忘れてしまいそう。

けれど、長く使い続けるためにも水道水に含まれるカルキを除去し、お手入れをしていきましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました