アルコールチェッカーHDL-ACK-01は測定結果をデジタル表示と音でお知らせ

道路交通法が改正されたので乗車前にアルコールチェッカーで検査をしなければいけなくなった。

どれが使いやすいのかな?

 

2022年4月、道路交通法が改正によりアルコール探知器による確認が義務化されました。

ここでは

ポータブルアルコールチェッカーHDL-ACK-01の機能などをお伝えします。

操作は簡単、ポケットに入るサイズで携帯に便利なアルコールチェッカーです。

ポータブルアルコールチェッカーHDL-ACK-01

 

ポータブルアルコールチェッカーのサイズや特徴はこちら

カラーホワイト
サイズ約118×W36×D18mm
質量約30g(乾電池除く)
主な材質ABS+PP
電源単4形アルカリ電池 2本
センサー半導体ガスセンサー
センサー寿命約1,500回または購入後1年いずれか早い方
付属品取扱説明書、マウスピース2個

計測値はこちら

測定結果測定値警告表示警告音
0,00mg/L〜0.15mg/L測定値表示緑色ピッ!
0.16mg/L〜0.25mg/L測定値表示黄色ピッ!ピッ!ピッ!
0,26mg/L〜0.5mg/L測定値表示赤色ピッ!・・・6回
0.51mg/L 以上888(測定オーバー)赤色ピッ!・・・なり続ける

ポータブルアルコールチェッカーHDL-ACK-01注意点

ポータブルアルコールチェッカーHDL-ACK-01を使用するにあたって注意点があります。

【注意事項】

本製品は法施行用アルコール探知器ではありません。

計測値が法基準以下でも、必ずしも法執行を逃れるものではありません。

ポータブルアルコールチェッカーは、飲酒の有無を判断するための一つの判断材料であって、運転の可否を判断するものではありません。

まとめ

ポータブルアルコールチェッカーHDL-ACK-01は簡単操作でアルコール値を調べられ、ポケットに忍ばせて置けるくらいのサイズなので事業所だけでなく、個人で車を運転する方も持っていれば安心して年末の飲み会に参加出来ますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました